中国高校人文社会科学信息网

中日火崇拜的比较

作者:符婷

所属学科:民族学与文化学  二级学科: 文化学
关键字:火神火崇拜中日比较火文化

摘要/Abstract

火是自然与文化的接触点,具有自然与文化双重属性。在各民族的文化中,普遍存在对火的信仰,火对人类文化的发展至关重要,具有开天辟地的意义。在各种宗教文化中,普遍存在火的影子,这也反映了火对世界各种文化发展的重要作用。民族不同,其民族文化也具有差异性,但在火信仰观念方面,差异之中又蕴含着普遍性。在笔者研究的过程中,学习到的关于中日火文化的比较研究还不是很多。因此,本论文立足于以火崇拜为中心,在对中日两国火文化进行先行研究的基础上,采用比较研究的方法,对中日火崇拜行为中的共同点和不同点进行比较分析,并试论中日两国

「火」という自然現象が人類にとっての非常に特別な意味は人類の進化史から見られる。昔、中国と日本の人々の生活や習俗習慣がほとんど火を巡って展開されていた。人類は火で照明したり、暖を取たり、獣から身を守ったり、火で食物を料理したりすることによって、いろいろな利益を得た。火の使用で、人類は初めて文明を持つ余裕を持てたと考える人もおり、火が文明の象徴だと考える人もいる。そして、アジア文化圏に属する中日両国は、火の文化において多くの共通点がある。もちろん、環境によって生活が違い、それは違った火の文化を形成する要素だといえる。
しかし、筆者の勉強したところ、中日の火の文化に関する比較研究はあまりないようである。したがって、本稿は火の崇拝を中心に、中日における先行研究を踏みながら、比較研究方法で、中日の火の崇拝行為における共通点や相違点を比較しながら論述する。それに、その火の文化が生じた要因と影響を述べてみたい。
本稿の主な内容は次のとおりである。まず、中日の火の崇拝に関する先行研究を取り上げて考察する。それから、第一章は中日における火の神の比較である。第二章は中日における火の崇拝行為の比較である。第三章は中日における火の崇拝伝承の比較である。第四章は中国の火の崇拝からの影響についての分析である。最後に本稿の終わりにと今後の課題を述べる。
以上は本稿の内容であり、それに基づいて書いたものであるが、十分に議論することができなかったものもある。中日の火文化に関する比較研究は両国の社会文化及び歴史伝統の各方面に関わるから、本稿が及ばない点が多いと考える。 

社科网首发

打印刊载证明 

全文/Full Text


论文刊载证明

符婷 向中国高校人文社会科学信息网"论文在线"提交的 中日火崇拜的比较 论文,经本网站审阅后,已于 2016年05月20 日 在中国高校人文社会科学信息网(互联网出版许可证:新出网证(京)字029号)刊载,对外公开发表。论文作者共 1 人,依次为:符婷。特此证明。

文章ID:73026

刊载地址:www.sinoss.net/show.php?contentid=73026

中国人民大学出版社
中国高校人文社会科学信息网
2021年05月12日



符婷(收)

中国高校人文社会科学信息网

0
.0
评分人数:0

作者其他文章

相关文章

读者评论